« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月22日 (日)

人間はサルから進化した~~♪

ジャワ原人が進化してインドネシア人に成った。

北京原人が進化して中国人に成った。

ニホンザルが進化して日本人になった。

チンパンジーは数百万年後に人間に進化する。

人間は何時から服を着ているのだろう

2

俺の友達にも居たけれど、こう考えている人って、結構多い気がする。特段日常生活に支障は無さそうだ。良い人のような気がする。

もしかしたら、

本気で、人間は神が、その姿に似せて、創ったと思っている人も居るかも知れない。

自分は~~藩の家老の家系だとか、古い貴族の末流だとか仰る方にしつこく聞いたら、神様まで遡る人も居そうだ。

誰にでもあるように、現状に少し不満が有るかも知れんが、人はそれぞれ、自分の思いで生きているのだから、それはそれで大事にした方がよい。

近所の公園

1



| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

DNA(2) 2.思想とDNA

2. 思想とDNA

世界には、色んな国があって、方針はそれぞれ。

ヒトの容姿はDNAの影響を受ける、頭脳の良い悪いにも影響を与えるが、考え方が良いとか悪いとかは、DNAには関係ない、まあ当然だけれど。

コイサン語族(有名代表人は、ニカウさん)の赤ちゃんが日本で育てば、勿論普通に日本語を話す。天才の名を冠されたチンパンジーのアイちゃんは、一歳に成ってから、京都大学の先生に育てられたが、日本語は話せ無かった。PCを介してかなり意志の疎通は出来たが、ヒトの言葉は話せなかった、しょうがないよね。

数百万年前に人類が誕生してから、いつも同時代に複数のヒトの種が居たが、数万年前に今の種だけとなり、つまり今の人間、増えに増えて70億人となっている。

このすべてのヒトは、ヒト科ヒト属ヒト種としてのDNAは一緒であるらしい。まあ、このまま繁栄を続けられれば、幾つかの種に分化するかも知れないが、今のところ兆候は、無いらしい。

ヒトと他の類人猿とを分かつ物は、道具使用とか言語とかじゃなく、対面して、食物を分け合って一緒に食事をすることらしい。

強い物だけが、食べ物を独占しようとしたり、目が合ったら、威嚇や挑発としか考えないのだったりしたら、類人猿より、一段下のいわゆるエテ公と同じだ。

お歴々も時々、会って一緒に食事をすれば、もうちょっと、なんとか成る気がするんだけれど・・

お歴々、思い出すままに
1_10
1_11
1_12
1_13
1_15
1_16
1_17
1_18
1_19
1_20 

















パンドラの箱の中の希望
14







| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

DNA(1) 1.万物の霊長とエテ公の違い






犯行現場に残された血液やらその他からDNAを鑑定して真犯人を突き止めたとか、アメリカの某産科病院の新生児を数千人検査した結果では、
10人に1人は、婚姻上の父親以外のDNAが発見されているとか、と言う話じゃなくて・・・


Dna_2


1. 万物の霊長とエテ公の違い

大型類人猿と日本で言うエテ公とは、ちょいと違うと思うけれど・・・そこは大目に見て貰って。

近年、ゲノムの解析が進んでいるらしい。DNAと言うのは、遺伝情報を持っている細胞の組織で、ゲノムというのは、その遺伝情報という風に、自分は理解している。

『芸術家としてのDNA』とか『幸せのDNA』とかいう言い方は、意味が分からんが、お馬○ちゃん表現で、差別を助長するようで、好きになれない。逆に使ったら結構恐い・・・・・『犯罪者のDNA』、『不幸のDNA』。

ヒトが最後に共通の祖先から別れたのが、6700万年前で、言語を獲得したのは5万年ぐらい前のことらしい。

分類学とか生化学で、未だ見解の揺れは有りそうだが、これはいつもの事だ、と言うことで・・・これも大目に見て頂いて。

ヒト科ヒト属ヒト
1_7








ヒト科チンパンジー属チンパンジー

ヒトとのDNAの違いは、123
1_8









ヒト科ゴリラ属ゴリラ

ヒトとのDNAの違いは14
1_9









ヒト科オランウータン属オランウータン

ヒトとのDNAの違いは3
1_10







こっちはフランジオスと言う

しっかりオッサンになった場合のご尊顔、

中には立派なオッサンなのに

未成熟な振りしてメスに近づいて、

と怪しい奴もいるらしい。

深淵ですなあ。
1_11






123%~3%という違いが大きいのか小さいのか、分からんなあ。







オマケ

これももしかしたら、85%以上はヒトと同じかも
1_12






こんな事を知って、自分は、動物園に行ったら、従兄弟やおじさんを見るような感じで、ヒト科の動物を見る気がするが、中には『私はこんなエテ公の仲間じゃありません、キッ』





(((写真は、WEB上から拝借)))

 

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »