« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月25日 (土)

今様・鴛鴦の契り?(1)

昔は、鴛鴦の契りとは、夫婦の仲がよいことのたとえで有り、仲むつまじい夫婦の関係を結ぶこと、で有ったのだが、新しい知見が加わっているので、状況により多様な意味にした方が良いかも知れない。

おしどりの生態

どっかの鴛鴦

と言うことで、

夫側が、派手で妻側が地味なのは、見たとおりなので、そういう意味に。未だ世間ではその逆が多いと思うが、それでも使える気がする。

鴨類には、比較的多いとは思うが、毎年繁殖の相手を替える、オスは子育てに全く関与しない。それで、夫が全く資金的にも労働的にも子育てに参加しない。身勝手な() 若しくは理想的な夫 (!?)の例えに。

ちなみに、比較的嫌われていて、東京じゃ恒常的に駆除されている、カラスは巣離れしてから、数ヶ月の間に、つまり生まれた年に、運が良ければ、配偶者を見付けて、巣作りも子育ても協力して行う。相手が死ななければ一生涯夫婦で過ごす。

近所のカラス

去年23羽の雛を巣立たせた

夫婦仲が良く、一生涯連れ添って、良く協力して子育てをするのは、カラスの契り・・

おしどりに関する二つは、陰口で流布するかも知れないが、カラスの契は、人間の勝手な都合で定着しそうにないなあ。

近所のカラスの巣

何個か生んだらしく抱卵中

尻尾が見えるでしょ

雨の日もジッと抱卵

何故かって?世の中、相当胡散臭かったり、インチキっぽかったりしているのに、ちょっと見目が良いとか、口が上手いのに騙されている人々が、勿論自分も、沢山居る様に見受けられるのに、その方々が、騙されている事にさえ気づかない様だし、自分は普通の人の倍のような気がする、地味で堅実な多くの人達は、居ないかのように扱われている。

PS

悲しいお知らせ?嬉しいお知らせ?

数日前に、この巣が撤去されていました。善良な市民の通知が有って、有能な担当が直ぐ実行したのでしょう。未だ、季節が早いから、あの番、再度挑戦するかも。

去年の番は、常緑樹の中に巣が有ったのだけれど、今年発見したのは、落葉樹で、遊歩道の目立つところだったからね。

この広場のケヤキにその巣は有った

野鳥も、人間の都合で、手厚く保護されたり、目の敵にされたり。




Photo_4

Photo_3

Photo_2

Photo

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »