« ボウリング | トップページ | 狩猟採集民族 »

2016年1月18日 (月)

チョコレートは好きだけれども・・・




Photo


チョコレートの原料は誰でも知っているがカカオ。メソアメリカの神への捧げものであり、上位者の食べ物、と言うか飲物。いろいろな混ぜもの、トウガラシとかその他、とっても脂肪分の多いものだったようだ。そこにヨーロッパ人が現れて飲んだが、初めは馴染めなかったらしい。

それが改良されて、ヨーロッパ人も少しずつ飲むようになり、生産が増加したが、カカオの木は直射日光を嫌うらしく、また病気に弱く、作るのは大変だったとの事。

ヨーロッパ人が17世紀に南米に作ったカカオの管理農園を立ち行かせるために、イエズス会は、西アフリカのポルトガル植民地から奴隷を連れて行って働かせた。カカオの栽培加工には各種作業が有ったので、男性女性、老齢者、子供でもそれなりに働くことが出来た。

ヨーロッパで、チョコレートの市場が拡大すると、大西洋で取引される奴隷の10%近くはブラジルのカカオ農園に送り込まれた。

その後、奴隷貿易が出来なくなって、今度はカカオをアフリカ、特には西アフリカに持ち込んで現地で栽培を始めた。詰まり奴隷を移動しないで、カカオを移動した。

それから産業革命による技術革新、消費の拡大とか長い歴史が経て、イギリス人がチョコレートを固形化することに成功して、その内現代のような形になってきた。

イギリスの産業家でチョコレート製造に関わった人々は、主にクエーカー教徒で、工場労働の待遇改善にも熱心であったし、西アフリカの『奴隷労働』『児童労働』改善にも意欲があり、フェアトレードを目指しているようだが、未だ現地の労働者は、カカオの最終製品が何かを知らない人々も多く、因って勿論チョコレートを食べた事が無い人も多い。

日本は毎年5万トンほどカカオ豆を輸入していて、大部分はガーナ辺りから。

今カカオは、西アフリカの外、本来の地、メソアメリカ、最初の移植先の南アメリカ、それからインドネシア、オーストラリアなどで栽培されている。

カカオは熱帯でしか栽培できないが、チョコレートへの加工は難しく高温下では高い品質にするのが難しいので、チョコレートの製造地は、イギリスを初め、ベルギー、スイスなど冷涼な先進国が多い。

チョコレートの原産地を見れば、勿論この国々の名前が書かれている。

殆どの消費者は、チョコレートの製造者は気にするが、カカオ生産者の苦難の歴史を知らないし、フェアトレードでもないことが多いのは気にしない。

バレンタインディーが近づけば、例年の狂騒が起きるが、ガーナのカカオ農園労働者の生活は改善されないし、子どもたちは学校へも行ける様にはならない。

チョコレートは好きだけれど、チョコレートの歴史は好きになれないでは、済ませられないし、自分で何か出来る事を考えるしかないなあ。




Photo_2





|

« ボウリング | トップページ | 狩猟採集民族 »

コメント

おはようございます。
当地は寒冷前線南上?の影響か
最低気温10℃と冷え込んで?おりますブルブル

しかも、やっとこさ確保した働く善良な家政婦さんが突然に今日から辞めると朝電話がありました。
子供たちにはまだ話してません。
引き止め工作を行ったとて、現状タイ人の民度を鑑みるに、物を盗らないだけ自分は善人だという認識から一歩前に進むことはなく、節度や責任感までを期待するのは土台無理な話でしょうか。
理由はなに?、不満でも?、それとも単に個人的な理由で?
いずれにしても、より良い収入をゲットするまでの腰掛けとして働いていたに過ぎないのでしょうね。
もしくは、好条件を引き出すための当て馬的に天秤にかけられているのかも。
どちらから好条件を引き出せたとしても、それが私の価値、値段、ってやつですか。

こうやって使える人材の値段なんてのはつり上がってゆくわけで、いつまでも安給料で働いている人なんてのは実は使うに堪えない人、もしくは善良じゃないからイラナイ人、となりましょうか。

アフリカとタイでは労働条件が違うかもしれませんが、善良で正直者で働き者ならば雇い主もそれ相応の待遇を保証して重宝してるんじゃないかと思いますね。
じゃなければ他所へ職変えしますから。

問題は、強制的に職変え出来ない状態。
つまり準奴隷状態だったならば悲惨な環境といえるでしょう。
もしかするとアフリカは、まだそのレベル?
なんにしても、政治と教育と産業が良い方向で機能し合わなければ底辺の浮上は不可能でしょうね。
デカプリオとダイヤモンドは好きでも、ブラッドダイヤモンドという映画は嫌い、っていう女性に読んで欲しい記事でした。

投稿: ムガ | 2016年1月19日 (火) 10時42分

ムガさん、こんばんはsnow
東京は昨日都心で6センチ位の雪が降りまして、例の狂騒状態に成りましたcat
雪国の人から見たら、全くかすり傷で遺言書を書くような大騒ぎbanana

タイの人は、お金にご執心の方は、それだけで物事を判断されるようで、目がテンには成りますが、分かり易い気がしますsweat01
お金は食べる分だけ有ればよいと言う達観の人は、地味な仕事を丁寧に、誠意を持って、笑顔で遣るので、さすが上座部仏教、って感じになりますshine

アフリカはマダガスカルしか行ったことがないので、知識が乏しいですが、植民地に成ったことが有るところは、不条理についても、比較的理解が有って、困難を乗り越える事が出来るようにも思いますnotes

まあ、大抵の人は、長生きはしたがるが、惚けるのは嫌がって、ピンピンコロリと念ずれば、そうなると思って、実際は平均寿命の前の10年間ぐらいは、何らかの補助や介護を受けているのでしょうが、それまでは、そういうことも想像しないbomb

電気も水道も誰も誰かが作っているなんて考えないで、お金を払えば、何が文句有るの、って人だらけでしょう(笑い)

投稿: ハシビロコウ | 2016年1月19日 (火) 20時38分

私もカカオというと黒人奴隷を連想してしまいます。

冷蔵庫には必ずチョコレートが入っています。
あまり食べないので、一つ買うと一ケ月はもちます。
アーモンドやナッツが入っているチョコレートが好きです。

投稿: ドラえもん | 2016年1月20日 (水) 17時39分

ドラえもんさん
こんばんはmoon1

子どもが家庭菜園を手伝うと、野菜が好きになることが多いと聞きますbud
今、ものの価値が、お金の価値でのみ判断されていて、歪みが多いのかなとも思いますdollar

昔西友でオランダだかの乾しブドウやナッツの入ったチョコ2~3回買ったのですが、値付けを間違ったらしく、それ以来一度も見ていませんcrying

自分もチョコ好きです、大量には食べませんが、沢山食べても鼻血はでないそうですdash

投稿: ハシビロコウ | 2016年1月21日 (木) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/63530596

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレートは好きだけれども・・・:

« ボウリング | トップページ | 狩猟採集民族 »