« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月 6日 (日)

俺はゲームはしない~~♪

Photo

考えてみれば、インベーダーゲームが流行ってきたころから、電子ゲームは苦手だったが、スーパーマリオを触らせて貰ったが、今一だったし、今流行のポケモンGOとか、そもそもスマホが無い~~♪

ただ、任天○のボードゲームの『人生ゲーム』はちょっと遣ってみたい気がする~~♪

実生活において、自分はゲームはしない。ロールプレイイングのように実生活でゲームをすると、そのゲームに勝ちたいが為に、通常であれば得られる物を、得られなくなるばかりか、失わなくとも良いものが、握った拳から乾いた砂がこぼれ落ちる様に、いとも簡単に、普通にあったものまで失うと言う畏れを持っている。

又、日常生活には出てこなかった、深層の行動動機が解発されて、自分の意志のように活動を始める事も有るようだ。

恋人や奥さんが、並の見てくれで、地味で特段才能もなく、性格も普通でも、一緒にいれば楽しいことも多いし、老後に側にいて、時々少しだけ話すだけでも、かけがいのないもをもたらすことが多いと思われるのに、色んな作為を使って、美人で有ったり、商売の才覚が有ったり、性格に特筆すべき美点が有ったりする人を、追っかけていて、得られないばかりか、自分と同程度の、それなりに見合った人さえも時機を逸して、得られないことが多くなると思われる。普通と言うのは実は掛け替えのないものと言う気もする。

人生をゲームとして見て、勝つために没頭して勝てるものはごく少数だ。全身全霊を投入してなにも得ないのは、詰まらんことだ。身の程を知らずに、最高の大学をずっと目指すより、学資があるなら、受かる大学で、それなりに頑張れば良いではないか。勿論勉強がそれ程好きでも得意でもなければ、早くに働き始めて、程々の幸せを手に入れるように努めればよい。使命を帯びてこの世に生まれ落ちる者は特別だ。

スタンフォード監獄実験を見れば分かるけれど、ゲームをすれば、ゲームのルールに則り、と言うよりそのルールに人格を蝕まれ、人は時として理性を失う。

最近自己中のお爺さんが、償い得ない事件を起こしているが、自分が持っている幸せを忘れて、獲得し得ない幻想に囚われてそのゲームの論理に飲み込まれて自滅した様に思えるが、他人を巻き込むな。

シリアの内戦、白人国家の代理戦争、宗教戦争、国際ゲームは当事者の理性を失わせ、ゲームは究極まで突き進む。ゲームのスウィッチボタンを持っているものは、自分を失い、シリアの大部分の男も、女も年寄りも子供も、その餌食に斃れ、食べ物にも事欠いて銃弾が飛び交って、爆弾が破裂する街を逃げ惑う。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »