« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月10日 (月)

変なガキの普通の日々~~♪その5:泥炭掘り~~♪


当時田舎では、冬は薪ストーブ、豆炭の火鉢、炬燵は囲炉裏に炭火、消し炭も多かった、風呂のある家は、柴や薪~~♪

石油ストーブ・ファンヒーター、床暖房などと思っていると話しがよく理解できないかも知れない、エアコンというもの未だ知られて居なかったし、セントラルヒーティング(炬燵じゃないw)と言う言葉も知られていなかった。扇風機を持っている家は有った~~♪

そんな時代の小学校の高学年か中一の頃、社会か理科かは覚えていないが、泥炭に付いて習った~~♪

もしかしたら、我が農村地域でも大東亜戦争中に色々資材が不足して、泥炭も燃料にしていたかも知れない。

泥炭:この写真はネットから拝借したものだが、もうちょっと黒かった気もする
Photo



習って暫くしてから、祖父さんに話しをしたら、何カ所もあるのだけれども・・と言って、今度一緒に行って遣る、とのこと。祖父さんは、当時、凄い爺さんと思っていたが、今考えると、今のオラより、精々23歳上のはずだ~~♪

そしてある時決行、稲刈りが終わった秋だと思う。何時も釣りに行く大きな沼の北側の田圃に向かった。その畦道は幅2メートルぐらいで、リヤカー位なら通れて、虫や栗、他の木の実を採るときにも良く通る路であった。

後で考えれば、多分、そこは親戚の田圃で、事前に話しをしていたと思われるが、最後は細い用水の横の細い畦を通って場所を決めた。

水のない、やや湿った田圃の土を1メートル四方ぐらいを、当時祖父さんは3尺と言っていた気がする、屋根の雪下ろしをするときのように、四角に少しずつ掘り下げて行き450センチ、いやもっと掘ったかも知れない、そしたら、明らかに土の色が変わって、黒っぽい荒い感じの明らかに、今までの土とは違う湿った物が出て来た。

泥炭だ、田舎では何か別の名で呼んでいた気もするが、思い出せない。水気が多く脆かったが、煉瓦ぐらいの大きさにして、数個取りだした。跡地は埋め戻した。掘った割には、少し盛り上がっていたが、少し丁寧に踏んで平にした。代掻きをすれば、何でもなくなる、と言って心配顔の俺に言った。

泥炭は持って行った板に載せて、荒縄で板をつり上げて、家まで持って帰った。雨の当たらない裏庭の適当な所に放置しておいた。

残念ながら、どうしたか覚えていないが、もう乾燥した頃は、興味も失せて、燃料としてストーブにくべたのだろう。関連の何かを思い出したときに、記憶が蘇ることを期待しているが、その前に、みんなと同じ運命がめぐって来ると思う~~♪







| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »