« 食べすぎた物~~♪ 5.ヤマブドウ | トップページ | 食べすぎた物~~♪ 7. イチゴ »

2018年3月30日 (金)

食べすぎた物~~♪ 6. スグリ類


61


62




 家の周りや、境界線にスグリ類の生垣が沢山有った。セイヨウスグリ、フサスグリ等だと思われる。真夏は比較的自然の物で食べられる実は少ないが、これは丁度真夏で、1ヶ月以上食べられて、かなり食べた。赤くなるフサスグリは、生垣一杯に、目にも鮮やかに生っており、頻繁に食べた。セイヨウスグリの方は、未だ余り熟していない時期から、塩を持参して、少し付けて食べ始め、青みが薄くなって、熟してくると、糖度は上がって、堅さもちょうどよく、よく食べた。もう暫く経つと、少し赤味が射すが、ぼやけた味になってきて、そろそろ時期もお終い。
 山の畑の、一角に蕗とかミョウガとか生えているところが有り、そこの周りは何故か半周ぐらいセイヨウスグリが、生垣のように植えられていた。ここのも沢山食べた。
 或る時、当時もう自分は、故郷を離れていたが、母が、何も知らずに、そこら辺で作業をしていて、クロスズメバチに刺された、相当痛い目に遭って気の毒であったが、直ぐ気づいて、その場を離れたので、それ以上の酷い事には成らなかったが、遠慮無く大声を上げたらしい。大きなヘビでも出たかと思い、父が駆けつけると、スズメバチが、そこらを飛んでいた。遠くから暫く観察して、大体目星を付けて、柴類を持ってそこら近辺に(!)に近づき、燻して、刈草などを補給して、沢山煙を出して、ハチの活動を不活発にして、目星を付けたところをハチに遣られないように、23回接近して鍬で、掘って、巣のありかを確認、数段に成っている巣を露出させてから、農機具用の燃料のガソリンを少し振り掛けて、十分浸透して、巣の周りにも揮発してから、離れて火を掛けて、敵を取ると共に、駆除したとの事。

 父は、終戦後一年ぐらい後に、南方より復員して、その後何回もマラリアを発病して、その当時は、まだ実家にいた妹たちが、(つまり自分からは見れば叔母さんたち)それを見て怖がったらしい。蜂の巣を退治した時、今の自分より若いが、当時としてはもう老境に差し掛かっていた、大日本帝国海軍の元召集兵士だ。
 退治の話しは、その後に帰省して聞いた、何時ものように淡々としていた~~♪
 相対的にそんなに酷い戦地では無かったようであるが、海上で船団が魚雷攻撃を受けたり、戦地で機銃掃射を受けたり、爆撃を受けたりするのに比べたら、どうって事もなかったのかも知れない、感慨なんて、相対的なものだろう~~♪



|

« 食べすぎた物~~♪ 5.ヤマブドウ | トップページ | 食べすぎた物~~♪ 7. イチゴ »

コメント

当地の野山ではスグリを見かけません。涼しい場所を好むのでしょうか。
そこで蜂の話、キアシナガバチと思うのですが庭で営巣し拳より少し小さい位の大きさ成り、出入りする近くなので始末しなくては・・と数日間観察、外働き隊と営巣隊が居るのを確認、外働き隊が出かけた間に煙を焚くのですがうまく煙が巣の方に行ってくれず失敗。次は帽子に首タオルで棒に灯油をしみ込ませた布を巻き火を巣へ、蜂は逃げないで巣を守ろうと・・巣が焼け落ちた所で雨靴で踏んずけました。
もう心臓はドキドキcrying
その話を山口の養蜂家の甥に言うと殺虫剤を使えば良いよ、蜂退治でお寺を焼いたお坊さんがいたけど家を焼かなくて良かったよと。
お母さんは近くにお父さんがいらして心強かった事でしょう。
甥の関係で蜂の子の佃煮を食べましたが普通に美味でした。

投稿: イッペー | 2018年3月30日 (金) 12時17分

イッペーさん

我が郷里にもスグリ類は野生では見たことが有りません。畑の境界垣や家の庭の境界には在り来たりでした。
アシナガバチ類の巣は、土蔵・納屋や作業小屋等の庇のいたる所に有りました。幼虫は川でウグイやハヤ釣りにももってこいの餌で、長い竹竿で大きめの巣を1個取り、親蜂がみんな飛び去ったら、何事もなかったかのようにして、持って行って川で釣り。最近は昆虫類も魚類も鳥類も子供の頃に比べたら、10分の1以下のようで、ついでに蚊も蠅も居ない感じ。
我が郷里は、日本で一番老齢化率が高いそうで爺婆県でしょうが、温泉施設に行けば、それなりに幸せそうな人が多いし、或る程度の健康に恵まれていれば、貧乏なりに慎ましく楽しく暮らしているかも知れません~~♪

投稿: ハシビロコウ | 2018年3月30日 (金) 19時59分

今回も知らない植物の話で新鮮でした。
蜂がいるとなるとスグリの花から蜜がとれるのでしょうね?
庭にはジャスミンのような香りのする白くて小さな花がすずなりで咲く木を30本程並べて植えてます。
甘い香りが敷地に充満して良い感じなんですけど、蜂がブンブン飛んできて樫のような樹木に巣を作ったりします。
幸い温厚な(笑)小さめの蜂ばかりなんで刺された記憶はありません。
親父殿のように戦地で鍛えられてれば蜂や蛇とも渡り合えるのでしょうけど、なにぶん箱入りで貧ぼっちゃま育ちですから戦う胆力に欠けております。

あれだけラインで挑発してきた元嫁ですが、娘が新学年からは進学クラスへ入れた理由を全て母親の努力と交渉のおかげだと私から娘には説明して、「メー・ゲンマークルーイ!」と本人には誉め讃えて拍手して、すっかり機嫌を良くした元嫁は従業員引き抜き事件など忘れ去ったかのように電話してきて
「キットゥ〜〜ン○子、写真欲し〜い、毎日沢山お願いします」なんて甘えた声で要求してくる無神経さには口ポカになるしかありません。
まあ庭木の蜂みたいなもんですから、気分次第でチクチク攻撃してくるのを防御する仕組みが必要なのでしょう。
もし日本にて日本人元嫁がこんなんだったら煙で燻してやるとこですが、もうタイ人ですから何もかも無意味です。
最後は愚痴になりました(*^^*)

投稿: muga | 2018年3月31日 (土) 01時35分

ムガさん:

そんな知らない植物が貧乏な少年の食べ物だったのです(笑い)
ハチは、ミツバチも居ましたが、果樹園地帯だったので、そこらの虫も食うクロスズメバチであったように思います。
良い香りのする木が沢山有るなんて、良いですね。自分はキンモクセイの香りはトイレの臭い消しの方を先に嗅いでしまったので(笑い)、トイレを連想して仕舞います。ジャスミンとか、ヒイラギモクセイとかその他、香のする花木は好きです。年末から咲く、ソシンロウバイの香りも好きです。

父は、比較的環境の良い戦地だったらしく、食料は畑などを遣って、自給に近い状態だったそうですが、デッカイ蛇の肉を出されて、身が静に捩れて動いているので、食が進まず、睨んで居たら、戦友が、食べたがったので、譲ったそうです、それでも、死なない程度の食料があっただけマシだったのでしょう。
元奥様も或る意味、タイ人らしく、Jさんが仰るように、人格の継続性より、毎朝生まれ変わって、ドンドン良い方向へ(笑い)向かっているようで結構ですね~~♪
そこにはそこの伝統・文化が有る理由が有って、そうなのでしょうから、何とか折り合ってゆけば、二種類の経験が同時に出来る(笑い)と思って、楽しむしかない~~♪

投稿: ハシビロコウ | 2018年3月31日 (土) 08時34分

スグリも私は存じません。地域差でしょうか?
日本では蜂に刺されなかった私ですが、タイにへ来てからは何度も。
ミツバチやアシナガバチですが、タイの蜂はチクッと刺された時は痛いですが、腫れないし毒も弱い気がします。
スズメバチは寒い時期になると、時々干していたズボンの中へ入ってまして、取り入れる時に気を付けていてもそのまま居る事もあり、昨年は妻が脚を刺されました。これは流石に掌大に腫れましたが、2日で終了。
一番間抜けなのは私。ミツバチの巣を取って、幼虫や蛹を巣ごと食べてまして、蛹から羽化したばかりの成虫も口へ入れてやられました。
針を抜くまでは痛かったです。
こんな同じ失敗を二回もやったのですが、やはり私が何よりも優先しているのは食い気だなと思いました。

投稿: メンカーム | 2018年4月 6日 (金) 12時33分

メンカームさん

蜂巣~各種段階のハチ~蜂蜜塗れは、未だ食べたことがありません。
美味しそうな、そうでも無さそうな、やや微妙な感じです。

タイで、みんなでご飯を食べていて、タチウオの料理を食べて、かなり長い小骨が、喉の奥に刺さって往生したことが有ります~~♪
暫く我慢していたのですが、ますます痛くなって、同僚に見て貰って、やっと何とか、箸で抜いて貰ってやっと収まりました。
何処に苦難が待ちかまえているか、解った物じゃありません。

昔の戦では、ぶっとい矢が身体に刺さったら、それこそ、魚の小骨じゃないんだから、大変だったでしょう、麻酔も無いしsagittarius

投稿: ハシビロコウ | 2018年4月 7日 (土) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119338/73203778

この記事へのトラックバック一覧です: 食べすぎた物~~♪ 6. スグリ類:

« 食べすぎた物~~♪ 5.ヤマブドウ | トップページ | 食べすぎた物~~♪ 7. イチゴ »