« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月29日 (水)

幸せの国、ブータン~~♪




 

 

ダルシン~お経文が書かれた、旗~~♪

風ではためけば、それだけ読経した功徳があるらしい~~♪

 

 

Photo


 

 

マニ車、回すだけで、書いて有るお経を読んだ功徳があるらしい~~♪

 

 

Photo_2


 

 

 

人口80万人位の内の10万人位がネパール他に逃げたらしいが・・

 

今日本では幸せの国として、大うけ~~♪

そうであって欲しい。

 

昔、北朝鮮も地上の楽園とか言われていたが、今、逃げ出す連中は多いが、移住する奴は居ない~~♪

 

 

日本は、どうなんでしょうかね。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

たかが石鹸、されど石鹸、アレッポ石鹸~~♪




Photo




 

子供の頃、石鹸と言えば、洗濯石鹸のことで、硬くて大きな奴。身体用の石鹸は花○石鹸と言っていた、自分は顔石鹸だと思っていたが~~♪

 

風呂に入るとき以外は、貧乏だったからか、習慣が無かったからだったかは、判然としないが、余り使わなかった。小学校では「手を洗おう~~♪」運動が有ったようにも思う。当時は自分も今ほど手を洗わなかった。外遊びをしているとき、田圃の畦にある用水の水で手を洗うときは、傍にある、柳かそんな感じの細長い葉っぱを数枚採って、掌の中でもみこすると確かに泡が出たが、それで洗っていた。

 

青年になっても、顔石鹸の臭いが好きになれなくて、銭湯では、一頃シャンプー、ボディソープという物を使っていたが、ぬるぬるしてその内、洗濯石鹸で、髪も身体も洗うようになったが、大きすぎるので、半分に切って使っていた。洗った後サッパリしたし、妙な匂いの香料が入っていなかったので、愛用していた、その内、ミュー○という赤い箱に入った石鹸も使うようになったが、安価で、比較的馴染める液体石鹸もその内普通に使うようにはなっていった。

 

そんなある時、同僚が、シリアに出張して、お土産にアレッポ石鹸を貰った。オリーブオイル+ローレルオイルが入っている奴で、香りも気に入ったし、表面は黄土色だったが、使ってゆくと中は、オリーブ色で、それからは通常は是を使うようになった。比較的高価だったが、なんせ減らないので、通常23ヶ月で1個使う程度。費用効果では、収入も少し上がっていたので、納得できる物であった~~♪

 

そうこうしている内に、アラブの春、アメリカの歴代3位に入る、馬○大統領のB.クリ○トン当たりから、チェンジと絶叫して事態を悪化させる、B.オ○マ当たりまでが主導したのだろうけれど、民主化という実際は混乱と貧困の季節が来て、シリアも大国が介入して内戦状態に、未だに収束の兆しはない。

 

偶に何処かで見つけては買って使うと言う感じであったが、シリア内戦が酷くなって、値段が上がって、その内発見出来なくなって、困ったなあ、と思って居るとき、ギリシャ原産のオリーブ石鹸がかなり安価で売っているところを見つけて、それからはそれ一本槍、その内包装と名前が違ったが、トルコ産になったオリーブ石鹸であった。香りはアレッポ石鹸には及ばないが、仄かなオリーブの(?)の多分、香りがするだけで、良い物であった。

是も1時、品薄になって、在庫が切れかかって居たときに、又同じ店で沢山有ったので、10個ほど買って、在庫して有る。使い切るまで生きているかしら~~♪

 

シリアでは1000年以上前からアレッポ石鹸を作っているらしい。と言う事は、貿易品でもあったろうし、使ってもいたのだろう、凄いことだ。

 

この人たちに平凡な日常の日々が少しでも早く訪れます様に。

 

又以前のように、街でアレッポ石鹸を買えるようになれば、ちょっと高価だが、時々は買って使いたいと思っている~~♪

 

9000キロ離れた日本にも、シリアの人々のことを、思っている人は沢山居ますよ、シリアには行った事が無いけれど・・サウジに出張してきたときに、知り合ったシリア人たちは、今どうしているかなぁ~~♪

 

 

蛇足ながら気になることが有って・・・、日本の販売者が包装を決めたのだろうけれど、シリア産の時は、成分の所に、オリーブオイル、ローレルオイル、苛性ソーダ、って記入してあったが、ギリシャ産になった時には、オリーブオイル、水酸化Naに成って、トルコ産に成った時には、オリーブオイル、他の記入は無し。何となく、購買者に遠慮しているのか、「苛性ソーダ」の名前が無くなった。オリーブ石鹸は、香りも自然だし汚れも良く落ちるし、泡立ちも普通だし、気に入っている、泡が多いほど汚れが良く落ちるわけではない~~♪

 

日本の販売者が、供給地を求めて、努力したことには感謝しているが、石鹸に「苛性ソーダ」が、使われているのに記入しなくなったのは、何となく「苛性」という言葉を避けているようで、スッキリしない、縁の下の力持ちの苛性ソーダに成り代わって(笑い)~~♪

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »