« 2020年2月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月21日 (火)

飲み物の思い出~~♪  1. 水

 

 

 

  1. つゆ
  2. ラムネ
  3. 中一でコカ・コーラ
  4. 中三で日本酒
  5. 高一でファンタ
  6. 高二のコカ・コーラ
  7. 高二でコップ酒
  8. 高三で缶ビール
  9. 高三で焼酎
  10. パキスタンでウィスキー
  11. パキスタンでラッシー
  12. 中央アジアでコニャック
  13. ワイン
  14. 日本で各種リキュール
  15. タピオカミルクティー
  16. 酒談義

 








  1. Photo_20200421082201

 

子供の頃は、台所は今とは大分違っていて、博物館の横にある「古民家」風・・近所でも似たような物だったろうが、流しの横に、50100Lぐらいの水瓶やタイル張りのコンクリートの水槽が有って、その上に蛇口が付いていて、そこに今はあまり見かけない、境内の御水屋~手水舎に有るようなアルマイトの柄杓、そこのよりは少し大きく多分0.51Lぐらいのが置いてあって、それで水を飲んで居た。偶に水鉢の底にミミズがいて、ビックリという事も有ったが、それほど気にはしていなかったのは、今考えると、ちょっと不思議。気が向けば、栓を抜いて、ざっと洗って、底にたまった泥砂なども洗い出した。水道と言っても、概ねその程度だったのだろう。まだ冷蔵庫もそんなには普及してはいなかった。学校や外遊びから帰るとまず水を飲んだ。昔は漬物や佃煮が大抵戸棚に有ったが、そこから沢庵を出してきて、ボリボリ食べながら、可なり水を飲んだことあった。塩分と水分の補給という事で有ったろう。

今はJRの駅に水飲み場が殆ど無いと思うが、昔は必ずあったように思う、結構飲んだ記憶がある。最近近所の公園には水飲み水栓が幾つも更新・増設されたが、カラスが飲んで居たり、イヌ用の造作がして有ったり、時代は変わった。

 

 

今は、ペットボトルの水を飲んだり、近所の名水を汲みに行って飲んだりの人が多い様であるが・・2530年位前に、ペットボトル1.5L位の水を何本も買う人を見て、衝撃を受けた。最近は1本が当時の半分以下の値段だと思うので、良いのかなとも思うが、当時はコーラやその他の炭酸~清涼飲料水と値段は変わらなかった。勿論自分は水道水を飲んで居た。瓶入りの水を飲むぐらいなら、コーラを飲んだ方がマシ。

未だに普段はペットボトルの水を飲む事は無い、水道水を冷やして、飲む。

 

聞いた話だが、簡便な水道が有るところもあったらしいが、戦前は井戸水か湧水か近くの川の水、井戸が遠くの人は、水汲み、母なんかは、それが嫌だったらしい。

 

もうほとんど帰省する事は無いが、今だに郷里で、お茶やコーヒーなどを飲むと美味しいと感じる、これは郷愁ばかりではなく、水が、良いからだからと思う。

 

 

 

 

| | コメント (2)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年5月 »