« 飲み物の思い出~~♪  10. 高三で焼酎 | トップページ | 飲み物の思い出~~♪ 12. パキスタンでラッシー »

2021年2月11日 (木)

飲み物の思い出~~♪ 11. パキスタンでウィスキー

 



Copy_20210211093601


 

 駐在の人から聞いた話で、闇でウィスキーが有るという事で買いに行って、12本入っている箱から自分で1本取り出して味見をしたら、本物だったので、全部買って来て家で吟味したら、それ以外全部、リキュールだった、らしい。1/12の確率で本物を引くって~~?

未だに不思議で意味が分からない、という事で、そのウィスキーとリキュールを飲ませてもらって、大いに盛り上がった。

 

或る時出張で泊まっていたホテルから、招待状が来て、カクテルパーティーが有るから、という事で、同僚と一緒に出掛けた。テレビで見る西洋風のパーティーで、正装した男性と美人の女性からおもてなしを受けて、大いに酔ったが、自分はそれほどでもないので、頭が痛かった、同僚は、この時が初めてで、こんなことも有るんですか、と喜んでいたが、自分でも初めて。良い経験だった。地元のホテルはそれなりに、外資系のホテルは又それなりに、面白い事が多い。

 

特にジアウル・ハック将軍が大統領の時や、ブット女史が首相の時、その他の時も、割と自由でウィスキーは数本お目こぼしで持ち込めたが、自分で飲んだり、回数は少ないが友達とウィスキーパーティーをしたことも有り、割と窮屈は感じなかった。

 

そんな或る時、一緒に働いていたパキスタン人が、ポテトチップスとかナッツ類を準備して、入国直後にお土産として渡したウィスキーで、パーティーをしてくれた時、謹厳実直そうな方が居て、コーラかなんか飲んで居て、その人は飲まなかったが、後で聞いたら、警察の偉い方だったそうだ。彼が居れば、万が一何かあっても、官憲は手が出せない、という事らしかった、誰かの親しい友達と言う事。彼らが、自分を慰めてくれるために計画してくれた。顔が赤くなって、覚めるまで外出したくなかったが、誰も自分の顔が赤いのは、何故か分からないから気にするな、という事で、謹厳実直な方は、帰ったがそれ以外で、数百年経った地元の店でマトンカライとナンの美味しい店で、夕食を食べた。その時は比較的長い出張だったが、彼らにしてみれば、家族から離れて一人で異国で仕事って、とても辛い状況に見えたのだ、という事は後で知った。なんて、優しい人たちなのだろう。

 

その他、幾つも大小様々な、忘れ得ない思い出が有るが、テレビでパキスタンとかの話は少ないが、なんか言っていることは、1回もパキスタンへ行ったことが無いか、行っても公式記者会見だけ取材しただけとか、バスの缶詰旅行で、それ以外の事は経験が無いのか、と言う感じで、しっかりしたことは伝わってこない。中には、テロリストの巣窟位に思っている人も多い気がする。

 

20190614  

 

パキスタンのお茶屋の写真





 

|

« 飲み物の思い出~~♪  10. 高三で焼酎 | トップページ | 飲み物の思い出~~♪ 12. パキスタンでラッシー »

コメント

2009年スワナプーム空港で待合時間に背広姿の日本人の青年がパキスタンからの帰りで、爆発があり危うく巻き込まれる所で怖い経験をしたと話ました。私はインドの北の方の国、位の知識しかなく後でアフガニスタンと国境を接してるからなるほどと思いました。馴染みの無い国の一つですね。
お仕事で行かれた事があるんですね。
私は日本人が居ない所へ行くと「思えば遠くに来たもんだ「」と思いそれが快感でしたが、今は不安になると思います。
現地の人が、顔が赤くなってるのが何でか解らない・・ってどう云う事か解らないのですが・・・
計量の分銅?? 懐かしいです 小さい時お皿の無い分銅を下げる物がありました。

投稿: イッペー | 2021年2月14日 (日) 10時19分

イッペーさん

パキスタンが核実験する前は、殆ど戒厳令下に有りましてw夜間外出禁止で、暴動~爆弾なんかも普通にw有りましたが、怪しい所に行かなければ大丈夫w当時、北京経由でもバンコク経由でもイスラマバードかカラチに着くのは真夜中で、街には警察~軍隊が沢山居て、却って安心~~♪
今も当時も親日国だし、自動車は、ベンツ等も走っていますが、多分最低でも95%以上が、日本ブランド。
アフガン国境に行って、簡単な仕切りの有刺鉄線の下から、足を入れてww、足だけアフガニスタンに行ったことが有ります👣

顔が赤いのは私ですが、パキスタン人の大部分はアルコールを飲んだことが無いので、飲むと赤くなる人がいると言うのが分からない人が多いと言う意味です。食事をしたところは、築300年位の木造の食べ物屋さんで、同年齢wの擦り切れ絨毯の上w。ついでながら、当時は売っているカキは渋柿で、渋抜きの方法が余り知られて居なくて、熟んでから食べていたようですが、消毒アルコールを薄めて…「渋抜き法」伝授。

それは竿秤では有りませんか、1~2貫目のが多かった感じ。

お茶屋さんの写真を念のためご説明すると、赤線で囲まれているのは分銅ですが、お茶の方が紙袋分重くなっているので、それを帳消しにするために、同じ紙袋を乗せてお茶が数グラムでも少なくならない様に、と言う意味で、正直と言う事です、俗にインパキレバシリと言いますがww

投稿: ハシビロコウ | 2021年2月15日 (月) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飲み物の思い出~~♪  10. 高三で焼酎 | トップページ | 飲み物の思い出~~♪ 12. パキスタンでラッシー »