« 2021年3月 | トップページ

2021年4月14日 (水)

飲み物の思い出~~♪ 13. 中央アジアでコニャック



 やや忙しい仕事で、休みの日に、学校を少し見せてもらって、本当に見たいところは残念ながら、見る事が出来ず終わって、校長先生らしき責任者の方の部屋に招じ入れられた。

一頻りご挨拶やら何やら・・そうすると、その先生が、机の横の戸棚からブランディーを出して、人数分のグラスを出して、一杯飲んで行け・・全く以て感じの良いお誘いで

「サー・ウィンストン・チャーチルが愛したコニャックだ」後で調べたら、彼が好きだったのは、フランスのコニャック・テセロンらしかったが、味の良い高級なブランディーと言う程の意味だったのかも知れないが、自分は無知で、チャーチルが飲んで居た物と同じだと思いこんでいた。まだ少し仕事が残っていたので、謝辞したが、今日は休みな訳だし、せっかく遠くから来てくれたわけだから、という事で皆で頂いた。全く以て感じの良いお誘いで有った。

美味しかった。顔が真っ赤になった。暫く雑談をした。ソ連邦が崩壊したばっかりだったし、全体的には、経済も不調だったようだし、共産主義から一応自由主義経済に変化したばかりだし、色々問題山積の様ではあったが、それまでは地味でも或る意味豊かだったのだろうけれど、これからも、自由度は上がるだろうけれど、色んな意味で試練だろうと思えた。

以前は、ある学校を出ると、職種の資格番号のようなものが付与されて、それが有れば、連邦内のどの共和国でも、それを必要とするところに働けることが、概ね約束されていた様だから、良い面も多かった、と言う感じだった。

ついでに書けば、見させてもらったところは全て、電圧が同じでプラグも同じで、色んな物が同じで、或る意味安心感があった。







Photo_20210414081701
ショットグラス、Webから拝借



 

 

 

| | コメント (2)

« 2021年3月 | トップページ