2019年8月 8日 (木)

母子の養育権利:チンパン人、猫、ヒト~~♪

 

Photo_20190808085401

 

20世紀には、アメリカで、チンパン人の子供を母親から引き離して、ヒトの家庭で育てて、一緒にいるヒトの子供と比べて、心の発達を調べていた、100年遣って、それなりの成果を見たが・・ヒトの子供はヒトの世界で親に育てられて、チンパン人は違う世界で親から引き離されて、一人ぼっちで、他の動物と一緒に育てられて、実験の道具って、アンフェア。

アフリカのチンパン人はアフリカ人に育てられて居た訳じゃない~~♪

 

日本の研究者は、飼育下のチンパン人も母親に育てられる権利が有り、母親も子供を養育する権利が有ると言うことで、今は研究その他の目的で飼育下にあるチンパン人も、基本的には群の中の母親に育てられている。権利の回復に100年掛かった~~♪

 

Photo_20190808085402

 

家猫は最近、人でも、そうらしいが、かなりが手術をされて、♂でも♀でもないのが増えているらしい。田舎のヒトの爺婆の古い農家で飼われている自由猫は、本能の命ずるままに、猫の習性で(笑い)毎回おとっつぁんが違うけれど、そんなおとっつぁんとか関係なく、お母さんは全身全霊を込めて、子どもたちに養育する権利を行使し、中には同腹で父親が違う子どもたちも混じっていることが有るが、実母から養育される権利を行使している、そうして、数か月すれば習性で大抵は親離れして自立する~~♪

 

Photo_20190808085403

 

今、日本のヒトの社会では待機児童、というのか幼児というのかが、増えているらしい。子供の出生率は下がっているのだが、色々事情が有るのだろう。そちらの事情の方が深刻の様な気がするが、それは深刻だからか、うっちゃらかして置いて、保育園を沢山作って、希望者全員を収容しろと言うことになっているらしい、ついでに無料にしろとか、24時間可能にしろとか~~♪

 

生まれて数ヶ月から数年しか経っていない子供は、暫く前までは、母親べったりで、その間に、父を始め叔父叔母や兄姉、爺婆が世話を焼いたらしい、ついでに近所の皆さん。

 

今は赤の他人が保育所という名前のようだが、お金を貰って養育している。母親が子供を養育する権利と母親に子供が養育される権利は何処へいっちまったんだ~~♪

中には母親の時給と保育所の時間支払いの引き算で、子供を養育する権利を赤の他人に売り払って、コミュニティからも切り離して、服とか買ったり、インスタ映えのものを食べたりする大馬○者もいるらしい、好きにしろ~~♪

 

貧困その他の事情で、必要な養育が行われていない事も、多そうだが、余り根が深く地味なので、予算、人員が膨大でそんな事に取り組んで居たら、首長も議員も次の選挙で落ちるので、詰まりそういう人は選挙に行かないので、最も投票率の高い層にだけ興味を示す政策が多いというのが、実は最大の原因かもしれない~~♪

子供は将来の家族~社会~国家の幸福や安全安寧の元だが、可成りは切り捨てられているようだ。

 

きっと、3040年後に第1回目の因果は巡るだろう。

 

出来るのに、他人任せにした人は、老後家族から離れて、赤の他人と海や山が見える風光明媚な、もしくは高い塀の有る所で暮らす、詰まり、そこで静かに死を待つ、それはそれで良いかも知れない~~♪

 

これとは別で、もっと深刻だが、その家庭の親から見れば、子供だが、引き籠っているのが結構多いらしい。それも「子供」の年齢が20前後位なら兎も角、50突破~~♪

これは養育の継続~放棄???

保育園と違って、見えないから、行政も勿論知らんぷり~~♪

| | コメント (2)

2016年4月 1日 (金)

釣り~~♪

釣り、って言うのは、1時娑婆からの逃走というか逃避して、自然に身を置くことである。あれは仙人遊びなのだ。

そこで人は自然と一体となって、景色の一部となる。



2

ヘラブナ釣り大会、鮎釣り大会、カワハギ釣り大会、大いに結構だが、俺は参加しない。勿論カジキマグロのトローリング大会とかは絶対に参加しない、財力が無くて参加できないと言うことは置いといて。

何でも商業化して、競争を儀式化して、日常の闘争回避、戦争回避と言う面は有るかも知れないが。一種の麻薬を与えるような物だ。トロフィーのために、切磋琢磨してワザワザ人生を無駄にしているようで参加する気になれない。

自然と一体化して心の平安を得るのが釣りだから、釣れても良いし、釣れなくても良い。

釣りに関して、好きな言葉を幾つか:-

『神は束の間の人生から、釣りに費やした時間を差し引いてはくれない』バビロニアの諺

『最良の仕事の日よりも最悪の釣りの日の方が、未だマシである』ニュージーランドの諺

『釣竿は、一方に釣り針を、もう一方の端に馬鹿者を付けた棒である』サミュエル・ジョンソン(英国の詩人、批評家)

『もし釣りが仕事の妨げになるのなら、仕事の方を諦めなさい』スパース・グレイ・ハックル

『釣れない時は魚が考える時間を与えてくれたと思えばいい』アーネスト・ヘミングウェイ

どうだ、参ったか!?





| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

祝・新大臣誕生~~♪

2

この度の改造内閣で大臣ポストが、新設された。その名も便所大臣、トイレット博士じゃ無いよ。

内閣総理大臣より、他の全大臣に、特別の指示があり、便所大臣に、協力する部局を省内に設立すること。

日本は、何処でも清潔快適な便所が利用できる国家を目指す。

Dscn4485




名付けて、便所国家。

便所大臣は、副総裁を兼務。

日本の公共施設、及びそれに準じる便所をすべて洗浄便座にする。

レベルは現在の成田空港。

屋内は分かりやすい様に、屋外は景観に合ったものにする。

使用頻度に合わせて清掃整備する。

学校も同じ、但し利用者が清掃業務を担う。

完工の目標は東京オリンピックの開催日より1年前。





1

| | コメント (8) | トラックバック (0)