2018年10月 3日 (水)

ソロモンの指輪~~♪





 

王にしてダビデの子なるソロモンは、エルサレムで神殿を建設する時に大天使ミカエルから貰った、黄金に輝く指輪で、多数の天使や悪魔を使役し神殿を完成させた。

 

 

Photo


 

 

 

動物行動学者のコンラート・ローレンツは、この指輪を使えば動物の話がわかるとの伝説から、それがなくても、多少なら動物の気持ちがわかるのだとして同名の本を書いた。

 

 

Photo_2


 

 

 

現代は、何ヶ国語も話す一般の人も多いし、英語やフランス語を母語の様に話して、世界中で大活躍している方も大勢いる。

 

大部分は、家族や社会の人々と日常的に沢山の会話をし遅滞なく意思疎通しているように思える。

 

それなのに、子供の自殺、不登校から無学無職、エリートコースを歩んでいると思われる人の自殺、前触れが無さそうな人の突然の重大な犯罪が多い気がする。中年で引き籠る人も多いらしい。特に子供が自殺された親御さんには、満腔の同情を持っているし、他も同じ。

 

言葉の意味、身体言語、表情、仕草かも知れないが、そんな訴えより、制度や慣習その他に原因を求める人も多い気がする。

 

各種意思疎通のための手段は格段の進歩を遂げて、安価で利用できる環境が普遍的に成ってきたが、それを行う、それぞれの本当の意味を理解する力・情が退化しているように思える。

混雑する駅のホームにホームドアを付けることは事故を減らすに効果はあるが、そこに沢山の人が居て、落ちる人を見ていない様な、根本的な事を置き去りにしてきたのかも知れない。

 

自分の言葉を相手に理解させようとするばかりの人々、会社、その他各種組織、政党、国会・・・共通語の重要性は認識しているが、そればかりではないような気がしている。長い間付き合っている友達とは、極端な話をすれば、共通体験や或る共感の蓄積で、少ない語彙で、複雑な事が伝わる事がある、一種の方言ともいうべき、もしくは二人だけの言語ともいうべきものを感じるし、家族はもっと濃いだろう。平等や先方からの要求を聞く事も重要だが、その人が発する何かに耳を傾ける恕なる心が肝心であろうと。

 

勿論自分は出来た、と言う意味ではない。失ったものを、他人にその因を求めれば、それは・・・

 

 

Photo_3

 

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

明けましておめでとうございます~~♪


太平洋から上がった初日の出です。

Dscn8924

今年は、昨年ほどの、悪いことで済めば、嬉しいと、思っております~~♪

最近、新しい年で良いことは期待していませんが、悪いことが増えてきているようで・・・

浦島某のように「開けまして」お爺さんで、忽ち老けそうで、そんな物は開けないように気をつけようと思っています~~♪

~~~

皆様におかれましては、昨年に引き続き、今年も益々豊饒で有りますように、ついでに、お願いしておきました~~♪





| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

我が郷里は~~♪





自殺率不動の一位を驀進中だが~~♪

先日所用で帰郷したら、駅にあるモニターに映っていたのが、「~~県は、世界一の高齢社会」って~~♪

ナナナナント、自殺率日本一で、高齢社会世界一、何かは宇宙一かも~~♪

ついでに小中学生の全国一斉学力試験では、開始以来総合1位堅持~~♪

県庁所在地の駅のトイレを利用したが、ウォッシュレットだった~~♪

我が郷里の最寄り駅は、嘱託の駅員が1人だけそれも日中だけ居る駅だが、気になって見に行ったら、ウォッシュレットだった~~♪

駅前は閑散としていた~~♪

産直のお店に行ったら、安くて商品が豊富で、お客さんも多かった~~♪

かと思うと、日中村の中を歩いている人を全く見かけない、勿論猫も犬も居ない、だのに入浴施設に行ったら、結構なお客さんがいた~~♪



Photo

一体全体どんな県なんだろう~~♪

あの人たちは、幻じゃ有るまいなあ~~♪

もしかしたら、自分は臨終の床にあって、眠りながら色んな事がゴチャに思い出されているのじゃないかと思って、自分のホッペをつねったら痛かったが、これも怪しい夢の中の出来事のようにしか思えなかった~~♪






| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

俺はゲームはしない~~♪

Photo

考えてみれば、インベーダーゲームが流行ってきたころから、電子ゲームは苦手だったが、スーパーマリオを触らせて貰ったが、今一だったし、今流行のポケモンGOとか、そもそもスマホが無い~~♪

ただ、任天○のボードゲームの『人生ゲーム』はちょっと遣ってみたい気がする~~♪

実生活において、自分はゲームはしない。ロールプレイイングのように実生活でゲームをすると、そのゲームに勝ちたいが為に、通常であれば得られる物を、得られなくなるばかりか、失わなくとも良いものが、握った拳から乾いた砂がこぼれ落ちる様に、いとも簡単に、普通にあったものまで失うと言う畏れを持っている。

又、日常生活には出てこなかった、深層の行動動機が解発されて、自分の意志のように活動を始める事も有るようだ。

恋人や奥さんが、並の見てくれで、地味で特段才能もなく、性格も普通でも、一緒にいれば楽しいことも多いし、老後に側にいて、時々少しだけ話すだけでも、かけがいのないもをもたらすことが多いと思われるのに、色んな作為を使って、美人で有ったり、商売の才覚が有ったり、性格に特筆すべき美点が有ったりする人を、追っかけていて、得られないばかりか、自分と同程度の、それなりに見合った人さえも時機を逸して、得られないことが多くなると思われる。普通と言うのは実は掛け替えのないものと言う気もする。

人生をゲームとして見て、勝つために没頭して勝てるものはごく少数だ。全身全霊を投入してなにも得ないのは、詰まらんことだ。身の程を知らずに、最高の大学をずっと目指すより、学資があるなら、受かる大学で、それなりに頑張れば良いではないか。勿論勉強がそれ程好きでも得意でもなければ、早くに働き始めて、程々の幸せを手に入れるように努めればよい。使命を帯びてこの世に生まれ落ちる者は特別だ。

スタンフォード監獄実験を見れば分かるけれど、ゲームをすれば、ゲームのルールに則り、と言うよりそのルールに人格を蝕まれ、人は時として理性を失う。

最近自己中のお爺さんが、償い得ない事件を起こしているが、自分が持っている幸せを忘れて、獲得し得ない幻想に囚われてそのゲームの論理に飲み込まれて自滅した様に思えるが、他人を巻き込むな。

シリアの内戦、白人国家の代理戦争、宗教戦争、国際ゲームは当事者の理性を失わせ、ゲームは究極まで突き進む。ゲームのスウィッチボタンを持っているものは、自分を失い、シリアの大部分の男も、女も年寄りも子供も、その餌食に斃れ、食べ物にも事欠いて銃弾が飛び交って、爆弾が破裂する街を逃げ惑う。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

甜菜

テンサイ

Photo 

テンサイと読む、平たく言えば砂糖ダイコン、ナデシコ目、ヒユ科。因みに花のナデシコは、ナデシコ目、ナデシコ科、ナデシコ属、ナデシコ。

ナデシコ

Photo_2 

製糖だけじゃなく、野菜として流通して、サラダで食べればいい気がする。

今は、

北海道
でしか作っていないらしい。

栄養も有りそうだし、日本の風土にも適しているようだし、調理も簡単そうだから、食べたいが、近所のスーパーでは見たことがない。

あっ、そう言えば、小学生の頃、自分たちとしては遠征して、開拓地の路を通っているとき、農作業中のオジサンに呼び止められて、彼が栽培していた、甜菜を食べさせて貰ったことが有る。瑞々しくて、ほんのり甘かった気がする。あの一家や開拓地は今、どうなっているかなあ。

フランス辺りでは、茹でて食べているらしいから、宣伝すれば沢山売れる気がする。ついでに、イタリアでは、こうやって、アメリカでは、こうやって、イギリス人は、こうやって、ドイツ人は、こうやって、ロシア人は、こうやって食べているって、宣伝すれば、それぞれの贔屓筋が、食べて日本中に拡がるような気がする。中国も加えた方が良いかも。

ダイコン

アブラナ目、アブラナ科、ダイコン属
Photo_3









| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

ボウリング



Photo




年間500ゲーム位遣っていた頃は、或る意味ストレス一時忘却の為だったのだが、今、年間30ゲーム位、それでも、会員を止めないのは、止めるとそこから縁が切れる、又出掛ける理由が無くなって、それでなくとも希薄な社会との繋がりが無くなるような気分を味合わない様にするためのようだ。

ボウリングは1人で遣っている。グループに入って例会に参加すれば、より上達するのだろうし、楽しそうでもあるが、仲間に入って、投擲の度に、ハイタッチしたり、握手したりするのは性に合わない。自分では失投なのに、偶々ストライクで喜べないというひねくれた性格なのかも知れない。勿論逆でも。

ボウリング場にロッカーを借りているので、ボールと靴は置いてあるから、気が向いた時に、行っている。

考え込んだり、エアで遣ったり、反省したりはしない。今は月一ぐらいで23ゲームを淡々とやるだけ。別に友達が欲しいわけでもないし、ボウリング談義をしたい訳でもない。

いつもボウリングをしているときは、投げる直前だけ、投げ方を考える様にしているが、それ以外は大抵、全然関係ないことを考えている。

例えば、ラーメンが、美味しかった店、その連想で近所のラーメン屋、今度はスパゲッティ、一度だけ行った美味しいうどん屋、変な拘りの蕎麦屋~~、日本で食べた色んな麺類、海外で食べた色んな麺類、それらにまつわる色んな事ども、思い出すことは幾らでもある・・これでスコアが良くなる訳は無いし、勿論無理だが、大会上位を目指している訳じゃなし、AV200アップを目指している訳でもない。




Photo_3







Photo_2


ボウリング場には、色んな人が居るが、見ていて勝手に来し方行く末が案じられる人もいる、ま、冴えないオッサンが、1人でボウリングしているだけなので、注意を払う人は、居ない。自由で良い。







| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年12月11日 (金)

我が娘だから~~♪

Photo

清く明るく素直に、育てたいと思って、疲れたときも会社で嫌なことが有ったときでも、心は泣いても笑顔で育てたので、まあまあ成果が出て、それなりの育っていると思うけれど・・・

世の中、今特に、見てくれが重要だからなあ。

生まれたときは自分似で嬉しかったけれど、それから変化無し、正直嬉しいんだか、悲しんだか。

なんせ我が娘だから、そっちの方は駄目なのだが、小さいときから、「可愛い~~♪」って育ててきたから、そう思っている節もあったが、もう心の中じゃ、そうじゃないらしいことに気づいて、葛藤が始まっているかも知れんなあ。

その内、厳しい現実と対峙するのだろうけれど・・

自分に全面的に責任が有るなあ、俺、そっくりだものなあ。

自分のことを、責めて呉れた方が未だ救われる?

不憫だ~~♪

後は、拾う神が現れることを願う。

苦しいときだけ、日頃蔑ろにしている神頼み~~♪


Photo_5


大沢某というタレントさんは、カッコウの子供を育てて居たらしいが、アメリカの某病院で数千人の出産を調査したら、約10%の子供は、夫の子供じゃ無いという調査報告も有るらしい。



Photo_3



人生悩みが尽きないね~~♪

これから益々カッコウの子供が増えそうだから、夫婦別姓も、或る意味、別の現実性が見えてくるなあ。

「お前の所は大丈夫か?」って、この間帰省したら、友達の歌橋屋が、別の友達に言っていた。

そしたら、「余計なお世話だ」と言って、グイと杯を呷った。


Photo_4



持つべき物は良き幼友達!?








| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

続・引きつった笑顔

続編は、無いはずだったのだが・・・

実は内心、成すべきか、成さざるべきか、ちょっぴり悩んで、少し試行してみることにした。


Photo


自分の部屋に、鏡を持ち込んで、PCの前に置いて、それを見ながら、笑顔の練習をした。いつも通りと言うか、いつもより引きつった感じで、中々上手く行かない。非常に不自然な変顔になるばかりだ。段々顔の筋肉が疲れて来る。あんまり自分の顔をマジマジ見ていたものだから(女性が、毎朝長時間鏡を見て、すっかり変身、ついでに変心?するというのは大変な事だと分かった、実感した。)ゲシュタルト崩壊が起きて、その鏡に映っている顔が、自分のものとは思えなくなってくるし、と言うか、顔にも思え成ってくるし。あちらこちら筋肉がピクピクして、ちょっとゾ~~ッとした。

ん~、このままだと、拙いな、邯鄲学歩を思い出した。

かなり貧乏くさい田舎顔とはいえ、在り来たりの普通範囲の顔だが、引きつり変顔に固定されると、そりゃ全く拙い。

何とか改善しようと、鏡を伏せて、部屋を飛び出して、チャリに跨りいつもの散歩道へ。

変顔なので、人と擦れ違う際は、なるべく余所見をしてさり気なく通った。その狭い遊歩道なのに、先方から、保母さん、保父さんに引率された保育園の子供たちが十数人こちらに向かってくる。拙いなあ。

子供たちは正直だから、遠慮無く笑ってくれそうだ。指さす子供だっているような気がする。

変顔のチャリのオジサンが接近して危ないと思ったのか、引率の人達が、園児を端に寄るようにしているようだ。こうなれば自分だって人の子、せめて怪我とか、させないように気をつけないとなあ。

チャリから降りて、隅に寄って、子供たちを先に通した。引率の人も、子供たちもニコニコ笑って口々に「こんにちは」、「有り難うございます」とか、言って通り過ぎる。

アラ不思議、自分でも分かったが、どうもこちらも、自然な普通の明るい笑顔が蘇ったらしい。つい嬉しくなって、手まで振ってしまった。

一安心して、部屋に戻り、PCを見たら、友達からイーメイルが入っていた。

「引きつり笑顔を作ることはなかるべし」

鏡の向こうから見ていたような話だ。禅の公案の様でも有るが、もう社会に一人前の貢献若しくは迷惑は掛けたのだから、これからは、世間体何ぞ、気にすることはない、有りの儘、自由に生きよ、って事に自分勝手に解釈して、記念撮影でも怒ったような、不機嫌な様な、自前の顔で行くことにした。


Photo_2

普段もそうだからと言って、怒っているわけでもないし、不機嫌な訳でも無いので、遊歩道や公園のベンチに坐って、日向ぼっこをしている暇そうなオジサンを見たら、恐いもの見たさの方や暇な方は、ご遠慮せずに、お声掛け下さいませ。何の足しのも成りませんが、ちょっとお話しして、人生の一時の時間潰しには成ります。


Photo_3


Dscn2018




もしかしたら、今あなたが持っているものに気づいて、それに満足して、心が穏やかになる切っ掛けを掴むかも知れません。






| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

引きつった笑顔

この間、読んでいた精神や脳に関する本で、長年の疑問が氷解して、その意味じゃスッキリしたのだけれど、これからどうしようかなあ。

あんまり嬉しい事じゃないのだけれど、自分の写真は、1人でも集合写真でも大抵、不機嫌そうか、笑顔とも言えない無理矢理の引きつった笑()顔の事が多い。



3


自分も人並みに、親しい人と会ったときには、自然に普通の笑顔が出来ているのだろうと思われる。友達と待ち合わせて、何も考えなくとも、顔が自然に微笑んでいることを如実に感じることが多い。



4



そんな友達が、楽しいキッカケで、例えば、探していたキノコや山菜を見付けた時、魚が釣れたとかの時、写真を撮るときには、まあそれなりの笑顔には辛うじて成るようだ。

しかし、

単に珍しい場所や記念撮影の定番の場所で、アリバイを作るような時には、自分でも違和感を覚える程の、顔の引きつりを感じる。あちこちの筋肉が、それこそバラバラな感じなのだ。

結果、後で見ると何か怒っているような、不機嫌そうな顔だ、全く困った物だ。

写真嫌いな人は、それが分かっていて、嫌いなのかも知れない。

これからは、自然に笑顔になるとき以外は、不機嫌そうな顔のままで、なるべく顔の筋肉に何も指令を送らないか、

それとも、

今まで通り、努力して笑顔の指令を送って、努力の跡は見えるが、引きつった顔にするか、考えあぐねている。

その本に書いてあったことは:-

親しい人に会って顔が笑顔になる中枢と意識して顔に笑顔をさせる中枢は違っていて、と言うより、脳の色々な部門が連携して働いているので、意識して顔の筋肉だけをコントロールして、笑顔作ろうとしても、上手く行かない事が多いらしい、つまり、引きつる。

カメラにかなり自然な笑顔で向かえる人は、偉大だと思う。小さいときから、イムワーンって訓練しているのは、偉い物だ。



1



2 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月26日 (火)

風をいたみ


2

最近は、爺さんになったばかりではなく、財政的にも色々問題が有り、それより何より、三重苦、見てくれが大転換() 、チ○、デ○、ハ○になっちまって、全然もてなくなりましたが・・・昔からもてない?

一応、目標にしていた顔がテカテカしてムッツリして、スケベっぽいのは、達成できている気がします。

もてる人の話によると、もてないのも辛いだろうが、もてるのも辛いって。苦しみは、何処にも有るもんだ。

勿論、大金持ちにもそれなりの苦しみは有るのだろう、自分は持てる苦しみには縁が無いけれど。

昔からボンビーだったので、ダンパ、合コンに誘われて断った事があるが、それで人を苦しめた、と言う自覚は無かった。

振られた事は何度か有った気がする、それで、少しは苦しんだが、この間、梅雨の晴れ間に、いつもの道を散歩していたら、突然、自分を振った人は、自分以上に苦しんだのかも知れないと思った。



3

と言うのは、自分が嫌になった仕事を辞めて、暫くしたら、悪い記憶は薄れて良いことが強調されて、苦しんだように(アホですね)

原因と結果は、単純じゃなくて、色々な物が蓄積して、ああこれで駄目だってものの印象が強いかも知れないが、それは実際は単なる最後の引き金で有ろう。『最後の藁』と言うことで、広く通じるらしい。『藁』は、ちょっと記憶に残るけれど、色々な物は、遠くに霞みやすい。

相手が悪いと思って自分がより苦しんだと思っていても、実際はそんな事も無く、被害者っぽかった自分より、相手の方がよっぽど苦しんだのかも。

でもまあ、大抵の人とは、二度と会う事もないから、時に応じて思い出しても、少し嫌な気分に成ったり、少し楽しかったりすることは有るけれど、何もしないで、そのまんま。

石川や浜の真砂は尽きるとも、世の中に、苦しみの種は尽きまじ、って、五右衛門だったら言いそうだ。

オマケ:

百人一首48

風をいたみ岩うつ波のをのれのみくだけてものを思う比かな  -  源重之




1



実は相手の女性も別の意味で、心が砕けていたかもなあ。






| | コメント (14) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧